第10回全日本レディースバドミントン競技大会:各ブロック上位入賞者のコメントが届きました

鳥取県を舞台に熱戦が繰り広げられた第10回全日本レディースバドミントン競技大会個人戦。年に一度の晴れ舞台で栄冠を掴み取った上位入賞者のコメントが連盟事務局より届きました。表彰式後の写真と合わせて紹介します。


・2016/12/19:画像表示のバグを修正しました。


Image
1部上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

1部優勝 高井・伊藤ペア(愛知県)
「二年前は準優勝で、今年こそは勝ちたいと思っていました。沢山の人に応援してもらい、勝てて良かったです。」
1部準優勝 日野・西川ペア(鳥取県)
「初参戦でしたが、みんな楽しくプレーしていて、何年経ってもしていたいな!と思える大会でした。」
1部第三位 石田・星野ペア(京都府)
「初出場で緊張しましたが、二人で力を合わせ楽しくプレー出来ました。この結果に満足せず、上位を目指して頑張りたいです。」


Image
2部Aブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Aブロック優勝 湯谷・林ペア(鳥取県)
2部Aブロック準優勝 御前・森田ペア(大阪府)
「この悔しさをバネに、また頑張ります。」
2部Aブロック第三位 若杉・渡部ペア(鳥取県)
「とにかく楽しかった!ペアとの絆がさらに深まりました。」


Image
2部Bブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Bブロック優勝 中川・今田ペア(奈良県)
2部Bブロック準優勝 前畑・中西ペア(鳥取県)
2部Bブロック第三位 中野・鷲見ペア(岐阜県)


Image
2部Cブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Cブロック優勝 物井・中津ペア(神奈川県)
「鳥取!!最高です!今度は、観光で来ます。」
2部Cブロック準優勝 常井・岡田ペア(大阪府)
「楽しくプレーする事が出来ました!!有難う御座いました。」
2部Cブロック第三位 飯島・寺内ペア(群馬県)
「鳥取県役員の皆さま!お世話になりました。応援して頂いた皆様に感謝です。また来年頑張ります!」


Image
2部Dブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Dブロック優勝 岡田・近葉ペア(福井県)
「優勝する事が出来て、本当に嬉しいです。昨年は怪我で途中棄権で、パートナーに迷惑を掛けてしまったのでホッとしています。」
2部Dブロック準優勝 東条・武田ペア(香川県)
「一生懸命頑張りました!準優勝嬉しいです!」
2部Dブロック第三位 山本・小林ペア(静岡県) 


Image
2部Eブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Eブロック優勝 高垣・大東組(兵庫県)
「今回、念願のタイトルが取れて、とても嬉しいです。今大会関係者には大変お世話になり、有難う御座いました。」 
2部Eブロック準優勝 松原・井下ペア(広島県)
2部Eブロック第三位 石原・香山ペア(岡山県) 


Image
2部Fブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Fブロック優勝 山本・児玉ペア(奈良県)
「二日間で8試合!とてもタフな試合でしたが、良く頑張れたと自分達でも感心しています。お世話になった連盟各位皆様に感謝申し上げます。」
2部Fブロック準優勝 入口・山西ペア(兵庫県)
「記念すべき10回大会に入賞でき、とても感謝と感激でいっぱいです。三日間有難う御座いました。」
2部Fブロック第三位 三富・押久保ペア(栃木県)
「気持良く試合ができました。地元役員!スタッフ!応援をくれた皆さんに感謝です!」


Image
2部Gブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Gブロック優勝 梯・市田ペア(東京都)
「力が抜けた頃から、二人のプレーが出来ました。嬉しい優勝です。」
2部Gブロック準優勝 佐藤・米沢ペア(千葉県)
「ハプニングありの鳥取大会。思い出に残る大会になりました。来年地元の千葉大会に向け頑張ります!大変お世話になり有難う御座いました。」
2部Gブロック第三位 鈴木・塩路ペア(神奈川県) 


Image
2部Hブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Hブロック優勝 松本・内野ペア(埼玉県)
「初めてのパートナーで、不安がいっぱいでしたが、精一杯頑張れました。有難う御座いました。」
2部Hブロック準優勝 宮本・米口ペア(東京都)
「Hブロックでの高年齢だったので、準優勝の結果は満足しています。これからも、仲良く元気でプレーを続けたいものです。」
2部Hブロック第三位 大庭・佐藤ペア(神奈川県)


Image
2部Iブロック上位入賞者(左から優勝、準優勝、第三位) (c) J.L.B.F.

2部Iブロック優勝 藤原・宇野ペア(神奈川県)
「ヤッター!来年も頑張るゾー!健康でいつまでも!」
2部Iブロック準優勝 児玉・土庵ペア(大阪/奈良)
「70代になり、バドミントンが出来る事を幸福に思います。」
2部Iブロック第三位 的場・本多ペア(兵庫県)