第33回中国地区レディースバドミントン選手権大会:結果レポート

水墨画家として誰もが知る雪舟を生みだし、桃太郎伝説ゆかりの地としても知られる岡山県総社市。ここを舞台に開催された”第33回中国地区レディースバドミントン選手権大会”の結果が主催者側より届きましたのでお伝えします。


Image
第33回中国地区レディースバドミントン選手権大会 (c) J.L.B.F.



平成28年5月21-22日、岡山県総社市の”総社市スポーツセンターきびじアリーナ”に於いて、”第33回中国地区レディースバドミントン選手権大会”が開催されました。同大会では、未経験者(社会人になってからバドミントンを始めた者)を対象とする3複(選手の合計年齢は240歳以上で組合せ自由)によるクラブ対抗団体戦と、年齢別にブロック分けされたダブルスによって競われる年齢別対抗個人戦が併催されました。

クラブ対抗団体戦では、PEACE(岡山)を下したマミーズ(広島)が栄冠を勝ち取り、アーネスト(山口)桃太郎本舗(岡山)が3位となりました。

*試合結果の詳細は、ページ最下段のPDFファイルにてご覧下さい。


第33回中国地区レディースバドミントン選手権大会クラブ対抗優勝:マミーズ(広島県) (c) J.L.B.F.

Image
1部優勝:林・大西ペア (c) J.L.B.F.
Image
2部優勝:山下・仁後ペア (c) J.L.B.F.


Image
3部優勝:寺田・光本ペア (c) J.L.B.F.
Image
4部優勝:松原・井下ペア (c) J.L.B.F.


Image
5部優勝:赤澤・後藤ペア (c) J.L.B.F.
Image
6部優勝:沖田・小徳ペア (c) J.L.B.F.


Image
7部優勝:石井・立石ペア (c) J.L.B.F.