山梨県レディースバドミントンダブルス選手権大会:結果レポート

山梨県甲府市で開催された”山梨県レディースバドミントンダブルス選手権大会”のレポートが主催者側から届きましたので紹介します。


山梨県レディースバドミントンダブルス選手権大会 (c) J.L.B.F.

山梨県レディースバドミントンダブルス選手権大会 (c) J.L.B.F.


平成28年9月3日(土)、小瀬スポーツ公園体育館サブアリーナにて、山梨県レディースバドミントン連盟主催によるダブルス選手権が行われました。今大会にはAランク4組、Bランク7組の参加があり、レベル別に日頃の練習の成果をペアと共に頂点を目指しました。

Aランクでは、昨年に続き鳥羽琴音 (vivid)/野元亜理沙 (vivid)ペアが連覇を達成。Bランクでは昨年度3位に甘んじた岸本晴美 (なでしこKOFU)/菊田ノブ子 (なでしこKOFU)ペアが雪辱を果たし優勝しました。


山梨県レディースバドミントンダブルス選手権大会表彰式 (c) J.L.B.F.

A優勝:鳥羽/野元ペア (c) J.L.B.F.
B優勝:菊田/岸本ペア (c) J.L.B.F.