第39回近畿レディースバドミントン選手権大会:結果レポート

今年で39回目の開催を迎える”近畿レディースバドミントン選手権大会”の結果が主催者側から届きましたので、写真とともにお伝えします。


選手宣誓(桜が丘クラブ)(c) J.L.B.F.
平成29年3月18日、東大阪市の東大阪市立総合体育館において、”第39回近畿レディースバドミントン選手権大会”が開催されました。同大会は近畿No1のクラブチームを決する伝統の選手権大会(団体戦)です。

近畿ブロック各府県の予選会を勝ち抜いた全28チームのトーナメント戦、白熱した試合が続き凌ぎを削り合いました。

最終結果は、雄飛(京都府)が見事に優勝を収め、桜ヶ丘(大阪府)が準優勝、門真(大阪府)が3位入賞となりました。


優勝:雄飛(京都)(c) J.L.B.F.

準優勝:桜が丘クラブ(大阪)(c) J.L.B.F.

3位:門真クラブ(大阪)(c) J.L.B.F.