第12回全日本レディースバドミントン競技大会(個人戦):各ブロック優勝者のコメント

宮城県を舞台に熱戦が繰り広げられた第12回全日本レディースバドミントン競技大会個人戦。年に一度の晴れ舞台で栄冠を掴み取った各ブロック優勝者のコメントが連盟事務局より届きました。表彰式後の写真と合わせて紹介します。


1部上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

1部優勝:松本 憧・宮﨑 友望(徳島県)
「この大会で優勝する事を目標に練習して来て、やっと成果を出し切る事が出来てたので、本当に嬉しいです。」
1部準優勝:稲川 恵里奈・水野 愛実(岐阜県)
1部第3位:小林 莉菜・古石 悠(新潟県)


2部A上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部A優勝:関口 美希・矢島 茉由子(群馬県)
「今回始めて出場し、とてもいい経験になりました。楽しくプレーする事が出来、優勝出来て良かったです。」
2部A準優勝:高島 康子・辻 陽子(京都府)
2部A第3位:本田 あかね・本田 理奈(福島県)


2部B上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部B優勝:西城 真理子・岡本 麻貴子(東京都)
「優勝出来とても嬉しいです。次回も頑張ります‼」
2部B準優勝:石川 樹里・松田 真里子(山形県)
2部B第3位:富永 久仁子 ・田岸 美幸(滋賀県)


2部C上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部C優勝:上瀧 美羽子・伊藤 尚子(宮城県)
「二日間の試合は何年ぶりかで、とても疲れました。皆さん元気だなーと思いました。」
2部C準優勝:常井 理佐・岡田 順子(大阪府)
2部C第3位:物井 あゆみ・中津 位江(神奈川県)


2部D上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部D優勝:稲葉 明希・高科 庸子(神奈川県)
「辛い場面もありましたが、パートナー同士二人で力を合わせて頑張る事が出来ました。有難うございました。」
2部D準優勝:慶秀 清子・田中 千登勢(福井県)
2部D第3位:堀池 由紀子・高橋 玖未(東京都)


2部E上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部E優勝:本沢 有美子・渡辺 浩子(神奈川県)
「二人で力を合わせて、1コ1コ勝ち取る事が出来ました。有難うございました。」
2部E準優勝:小林 朋子・山本 晴世(静岡県)
2部E第3位:大東 恵里子・高垣 尚美(兵庫県)


2部F上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部F優勝:小原 真澄・佐藤 忍(宮城県)
「地元開催なので、絶対優勝したかったです。応援が力になりました。ラリー力を付けて、また頑張りたいと思います。」
2部F準優勝:新田 豊子・北条 珠実(香川県)
2部F第3位:川谷 明子・堂山 貴美子(福岡県)


2部G上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部G優勝:伊嶋 恵子・米沢 千江美 (千葉県)
「大会関係者の皆様、大変お世話になりました。最後まで諦めないでプレーする事を学びました。嬉しい嬉しい優勝です。応援してくれた、先輩や仲間に心から感謝致します。」
2部G準優勝:宇佐美 洋子・太田 清子(静岡県)
2部G第3位:浅利 真理枝・梅田 伸枝(愛知県)


2部H上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部H優勝:宮崎 美江子・田倉 テイ子(東京都)
「いつもお世話になっています。元気で試合に出場する事を目標に、頑張りたいと思っています。」
2部H準優勝:松本 美津江・内野 とし子(埼玉県)
2部H第3位:佐竹 豊子・定直 由起子(福岡県)


2部J上位入賞者(左から優勝、準優勝、第3位) (c) J.L.B.F.

2部J優勝:土庵 清子・石井 伸子(奈良/山口)
「二連覇出来て良かったです。年々厳しくなりますが、怪我・故障をしないように、長くバドを楽しみたいと思っています。」
2部J準優勝:宇野 早苗・藤原 三和(神奈川県)
2部J第3位:宮本 容子・米口 順子(東京都)