第14回福井県レディースオープンバドミントン大会:結果レポート

北信越地区きっての工業県で、メガネの全国生産の90%以上を賄う福井県より”第14回福井県レディースオープンバドミントン大会”の結果が主催者側から届きましたので写真とともにお伝えします。


第14回福井県レディースオープンバドミントン大会 (c) J.L.B.F.


2018年6月23日(土)、福井県敦賀市(つるがし)の敦賀市総合運動公園を舞台に「第14回福井県レディースオープンバドミントン大会」が行われました。会場となった敦賀市は、日本の水がめ琵琶湖の北側に位置し、日本三景の一つ”天橋立”を擁する若狭湾に面した原子力発電所群を抱える都市で、昆布の加工地として知られています。

第14回福井県レディースオープンバドミントン大会

今大会には、県内外から80組(160名)の参加者が集まり、各ブロック5チーム(経験と年齢による組合せ)でのリーグ戦をおこないました。これからも、参加者の皆様に、喜んでいただけるよう役員一同努力して参ります。来年もたくさんの皆様の参加をお待ちしています。